Sunday, 27 March 2016

最近は、腕時計をする事も稀ですが、。Vol.4

今回は、ハミルトンのドクターズ・ウォッチです。

14KGF(14金張り)レクタンギュラーケースのブラックダイヤルとなります。
 ブレスも金張りの40年代の社外製ですが、
 9連のジュビリーブレスで、クラスプはとても凝った作りの物です。
Kreisler 10KGF
 ハミルトン セクロン / cal.980A と言うモデルとなります。
 中でも、ブラックダイヤルはとても貴重な物です。
現在では少しカジュアルな印象のハミルトンですが、アメリカを代表する時計メーカーでした。
いくら良い雰囲気の時計でもブレスで印象が異なりますので、当時のリアルな組み合わせにて着用しております。


No comments:

Post a comment