Thursday, 17 March 2016

ンラブ氣電

浅草と言えば、やはり浅草寺の雷門。

隅田川の向こうには黄色いうんち(アサヒビールの本社ビル)、最近ではスカイツリーがそびえ立っている風景です。


ですが、浅草の雷門通りと隅田川の角にある小さなバー。
明治時代から続く120年以上の歴史が有る下町の社交場です。

石川啄木や三浦哲郎など、数多くの文学者たちが小説や詩歌などの作品に、このバーの名前を登場させています。

"神谷バー"です。

そして、やはり"電気ブラン"です。
アルコール45度のブランデーベースのリキュールは、電気が走るように舌にビリっと感じたのでしょう。

電気が目面しかった時代に、その感触とブランデーを合わせたキャッチコピーなネーミングが最高です。

仕事帰りに、明日への活力をと、、、。
本日、浅草に行かれたお客様からの頂いた物です。

その歴史を感じながら、いただきたいと思います。
有難う御座いました。

明日も頑張ります!


No comments:

Post a comment