Monday, 5 March 2018

引き出しの中から、今度は便利な、。

30年位前に、デッドストックで購入したU.Sアーミーのポケットナイフです。
ポケットに入れて、持ち歩いていた事を思い出します。

勿論、物騒なナイフでも危険なナイフでもなくツールとして携帯できる物です。
便利な4徳ナイフは、ちょっとした時に本当に役にたってくれました!





 有名なカラミス社の1983年製の米国軍用の支給品となります。




4徳詳細は、
1.片刃ブレード(刃長約61mm)
2.マイナスドライバー&栓抜き
3.缶切り
4.パンチ(穴空け)

ポケットナイフと言う名前ですが、。
あくまでもツールの一部にナイフが装備されている便利なツールとなります。


そして、次は、、、
便利なツールとして、最も有名なスイスアーミー。

25年位前に、アメリカで購入した貴重な別注コラボ品となります。
シルバー925製と18金製のサイドプレートが付く特別なナイフです。

大切に保管していましたが、
シルバーは、酸化による変色がございます。

 内部のツール部分はステンレス製の為、経年変化や劣化等は御座いません。

と言う事で、。
軽く、ポリッシュ仕上げ致しました。

 小キズは御座いますが、磨き過ぎないのがポイントとなります。



 ヴィクトリノックス社製、スイスチャンプとなります。

 国内では、販売されていないティファニー製の貴重なナイフとなります。

さすが、ティファニー。
ツールは31種類、当時の最高峰となります。



擦れや小キズも御座いますが、こんな感じです。


01 ラージブレード(丈夫で切れ味のいいメインのナイフ) 
02 スモールブレード(細かい作業に適した小刃) 
03 マイナスドライバー小(缶切りの先にあり、プラスドライバーとしても使える) 
04 缶切り(押し切り型で、オレンジなどの皮むきにも使える) 
05 栓抜き 
06 マイナスドライバー大(栓抜きの先にあり、90度に曲げて狭い場所でも使える) 
07 ワイヤストリッパー(栓抜きの根元の溝で電気コードの被覆を剥がす) 
08 リーマー=穴開け(木や革に穴を開ける錐) 
09 ソーイングアイ=糸穴(リーマーの中程の穴に糸を通して革やテントを縫う) 
10 コルク栓抜き(コルク栓を開けるほか堅くなった紐の結び目を解くのに使う) 
11 キー・リング(携帯用に紐を通す) 
12 ピンセット(とげ抜き、毛抜き) 
13 ツースピック(爪楊枝) 
14 はさみ 
15 マルチフック(缶のプルを起こすなど、引っかける作業に) 
16 ノコギリ(押しても引いても切れる) 
17 うろこ落とし(波状の歯を使って魚のうろこを取る) 
18 はり外し(うろこ落としの先端のU字の溝で魚の喉から釣り針を外す) 
19 スケール(うろこ落としの背側に目盛りがあり、釣った魚を計る) 
20 爪やすり 
21 金属やすり(同じやすりを金属やすりとしても使う) 
22 爪そうじ(やすりの先端で爪の間に入った汚れを取る) 
23 金属ノコギリ(やすりの下面に歯が付いている) 
24 精密ドライバー(電気配線などの工作に) 
25 ノミ(木工用のノミで、狭い溝などの掃除にも使える) 
26 プライヤー(ボルトやナットを回す) 
27 ワイヤカッター(プライヤーの根元でワイヤを切る) 
28 プラスドライバー(90度に曲げても使える) 
29 ルーペ 
30 ボールペン(上向きにしても書けるスペース仕様) 
31 眼鏡ドライバー(コルク栓抜きの中に収納されている極小ドライバー)

本当に、すご過ぎです。
やり過ぎ?

後日、販売致します!!!

No comments:

Post a comment