Friday, 11 May 2018

また、始まっちゃいました。

W. & T. AVERY社製の1930年代(イングランド製)のスケールとなります。
25年くらい前に、家のインテリアとしてアンティークショップで購入した物ですが、。

高価だった割には、機能せず現在で言うジャンク品となります。

ですが、その大きさと存在感に魅了され買ってしまいました。

軽く分解にて清掃をと、、、


 子供の頃から、分解フェチの私です。



パーツも良い感じにピカピカとなり。


 ですが、やはり壊れた原因や内部構造が気になります。

始まってしまいました。
内部を調べると、、、

原因は、これです。
スチールベルトが切れております。

代用品はないかと、試行錯誤の上。

厚さと素材から、ステンレス鋼0.1㎜厚のベルトと推測致しました。

勿論、既製品は有りませんので、、、


板から加工致します。

 完璧に治りそうですが、とんでもない時間を費やしているかも、。

 計算通り。

ワープ&ウーフの仕事とは言えない、作業ですが、。


そして、ほぼ完成で微調整のみとなりました。

重さは50Kgくらい、国内では変態の私くらいが所有しているのではないかと思います。


仕事では御座いませんが、久々の家庭菜園でトマトも順調です。


No comments:

Post a comment