Friday, 14 June 2019

50Hz ムーブメントモーター交換 受付終了となります。/ ハワードミラー社製 ネルソン クロック #4758

これまでのクロックモーター交換の記事を見た方は、本当にがっがりされていると思いますが、。

と言うのもアメリカは60Hz、ハワードミラー社製のクロックも勿論、60Hzです。
オリジナルのネルソンクロックでも、50Hz地域では機能せずに飾りもとなります。

そこで、本当に残念ですが電池式のクォーツムーブメントに交換したり、、、
最悪なのが、関東でも使えますよと、販売店が交換を斡旋している事も、。

時計として使用できる様になりますが、オリジナルとの価値は半額以下かと。
まあ、それ以上話しても仕方がありません。


モーターやパーツ・ストックの関係もあり、
今回ご依頼で、モーター交換修理の受付を終了させて頂きます。

最後の受付ですが、珍しいネルソン・クロックとなります。
HOWARD MILLER CLOCKS / #4758

当時の販売価格は、とても高価な時計で現在レプリカも作られておりません。
#4755 ボール・クロック $30
#2213 アスタリスク・クロック $22.50
#2202 サンバースト・クロック $25
そして、
#4758 呼び名は不明ですが、$50


それは、ケースや文字版の作りによる為です。

一般的な物とは異なり、ムーブメントは前側から取り付けられます。

カバープレートは、木製でブラックペイント。

ムーブメントケースも木製で、旋盤により複雑なボーリング加工が施されています。

さすがに、レプリカは作れそうもないです。

オール木製、高いのが当たり前ですね。

打刻は、22の上から4758
初期の #2214等と同じムーブメント・ケースが使用された事がわかります。

クリーニングや注油を行った後、50hz用モーター交換です。

狂いもなく正確に動作するのは分かっていますが、最低24時間は動作確認いたします。
インデックスはアラビア数字ではなく、ローマ数字がとてもシンプルでモダンです。

電源コードが、クォーツではない本物の証しだったりもしますが、。
あえて、壁配線をお勧め致しました。


針の加工もなく、本体をキズ付ける事のない交換修理となります。
いつでもオリジナルに戻す事が出来ますので、
60Hz用オリジナルモーターは大切に保管下さい。


本物を大切にされるコレクターの方は、がっかりされる方もいるかと思いますが、
今回で、50hz用モーター交換修理の受付を終了させて頂きますのでご了承下さい。


クォーツに交換された方も、リプロとは異なる希少なオリジナルかと思いますので、。



No comments:

Post a comment