Friday, 3 March 2017

ママチャリのプチカスタム その三。

今回は、やはり普通に気になるサドルの交換となります。

今年の限定モデルには、もう少しそれ風の物が付きますが、、、。
滑らないマットな合皮製で、座っても特に問題はありません。
何れにしろ、全体的な雰囲気を考えて交換いたします。

これも今は一般的ですが、クイックリリース・クランプも実は気になります。

 横から見ると、実はかなり前傾となっています。
最近のシートポストはサドルクランプが一体となりセットバックされた物が一般的になっている為、シートの角度が変えられません。

その為、実用車や低いサドル位置の自転車の場合は一般的なサドルを取り付けた場合は前傾になってしまいます。

それでは、とりあえず購入したサドルに交換して見ます。
少し角度が良くなった様にも思えますが、座ってみると、。
新品の革サドルと言う事もあり、おしりが前に滑って本当に気持ちが悪い状態です。

と言う事で、パーツを購入。
今回は昔ながらのやぐら仕様に変更いたします。
シートポストも太くてバランスが悪い為、シムを入れてサイズダウン致します。

ついでに、シートポストクランプも、。

シムを入れて、こんな感じです。
サドル交換にあたり、少しだけ盗難防止を兼ねてクランプ交換となります。
何故か、この自転車はシートチューブのノッチ(切り込み)が前側に?
*基本的には、締め付ける後ろ側に有るのが常識となります。

では、サドルの取り付けです。
 良い感じです!
 横からの角度です。
ロード車とは異なり前傾姿勢ではない為、実用車などはこのくらいの角度で心地良い状態となります。

サドルが気に入らないから、見た目で交換する方も多いと思います。
ですが、ちょっとした事で乗り心地は全然違います!

あと一か所で、ママチャリのカスタムは終了となります。
また後日UP致します。

No comments:

Post a comment