Friday, 29 June 2018

1970年代製 両面時計の修理依頼です。

依頼品は1970年代製、60Hzアメリカ仕様となります。


ネルソン・クロック同様のハワードミラー製機械式ムーブメントですが、両面時計ならではのリモート機能付きとなりますので、

 分解掃除を兼ねて、必要の無いパーツの除去を行います。

50Hz地域で正確に機能する為に、オリジナルのパーツやモーターを取り付け致します。

本体の清掃と組み立てを行い、48時間の動作確認いたします。

完璧です!

知識が無いので仕方が有りませんが一般の販売業者は、安易にオリジナル3針を加工してムーブメント交換しておりますので、”安心してお使い頂けます”と、、、。

大型時計と言っても3針はアルミ製で軽量ですが、電池式のクォーツ・ムーブメントでは付加が掛かり数年で壊れてしまう事もあります。

と言っても、意味が分からないとも思います。

意味が分かる方で、オリジナルに拘りの有る方のみ修理を受けております。

日本国内では私のみ可能な時計修理となります。

No comments:

Post a comment