Friday, 5 July 2019

やっぱり、カッコいい!

私の企画や価値観など、ご理解頂いているお客様ですが、。

やはり、ハーレーの旧車に乗りたいと、エボから乗り換えで製作中との事でした。


先日納車との事で、遊びに来てくれました!



 W系のレーサーカスタムで、前後18インチが最高ですね。

現代のバイクとは、運転の操作性や体感も全く異なりますが、。

やっぱり、カッコいいバイクのスタイルで独特の体感が味わえる45ですねー。

Thursday, 27 June 2019

完熟トマト。

無農薬で、安全なベランダ菜園。
多分有名な、桃太郎と言う大玉トマトです。

やっと、赤くなってきましたが、。

赤に、。

完熟です!

娘は、まだトマトが食べられませんが、。

何故か頬づり、、、。

 不思議です。

 家庭菜園は、完熟で新鮮が最高です!



ベランダでも、スーパーで売ってるトマトとは違いますね、、、

パパが大事に育てているの見てた様です!

Thursday, 20 June 2019

リアルBEATLES、 本物のオリジナルです。

35年くらい前に購入した1950年代後半にイギリスでオーダーメードされた貴重なジャケットとなります。





本当に貴重な物ですので、サザビーズなど海外のオークションに出品もと思います。

高価ですが国内で購入希望な方は是非、お問合せ下さい。



Tuesday, 18 June 2019

収穫はうれしい喜びです。

今年一番目の収穫となります。

慎重に、娘が、。



トマトも、もう少しです!

スーパーに行けば、なんでも簡単に変えますが、、、
ベランダでも何か教える事や伝える事がと思います。

Monday, 17 June 2019

資産価値とも言える、オリジナルです。

独自の物から50年でデザインや設計等の権利が、許されジェネリック・リプロダクトとして生産や販売が許らせる様になりました。

医薬品では同様の効果にて安価で、副作用なども少ない良い物が現在は流通しております。

ですが、インテリアの世界は少し異なります。
安価で、如何にそれ風の販売がOKと許された感じで、、、。

それ風に作るのは簡単です。

何が違うのかも分からないと思う方も多いと思いますが、。





世界的に分かる方がいるから、その価値が存在致します。


Saturday, 15 June 2019

コンセントプラグのお話ですが、。

最近はこんな感じで、プラグ交換も必要ないのですが、。
壊れたらどうしましょう?

昭和は昭和で、こんな感じです。

昭和のお父さんが、頑張っていました。

 令和となり、こんな事はしない、出来ない時代かと思います。

ですが、アメリカのミッドセンチュリーにはこんなプラグが、。
とてもシンプルなデザインでネジも有りません。

プラグの先をつまんで、

簡単に先端が外れます。

こんな構造となります。

コードを差し込み



先端を戻して

押し込むだけで

完了です。


UL、SR規格承認で安全性も優れております。

交換には1分もかからない程です。

ミッドセンチュリーはデザインだけではなく機能性や安全性も設計とされた最高の時代だったかもと思います。

特に面白い話では御座いませんが、何か伝えたいとも、。

Friday, 14 June 2019

50Hz ムーブメントモーター交換 受付終了となります。/ ハワードミラー社製 ネルソン クロック #4758

これまでのクロックモーター交換の記事を見た方は、本当にがっがりされていると思いますが、。

と言うのもアメリカは60Hz、ハワードミラー社製のクロックも勿論、60Hzです。
オリジナルのネルソンクロックでも、50Hz地域では機能せずに飾りもとなります。

そこで、本当に残念ですが電池式のクォーツムーブメントに交換したり、、、
最悪なのが、関東でも使えますよと、販売店が交換を斡旋している事も、。

時計として使用できる様になりますが、オリジナルとの価値は半額以下かと。
まあ、それ以上話しても仕方がありません。


モーターやパーツ・ストックの関係もあり、
今回ご依頼で、モーター交換修理の受付を終了させて頂きます。

最後の受付ですが、珍しいネルソン・クロックとなります。
HOWARD MILLER CLOCKS / #4758

当時の販売価格は、とても高価な時計で現在レプリカも作られておりません。
#4755 ボール・クロック $30
#2213 アスタリスク・クロック $22.50
#2202 サンバースト・クロック $25
そして、
#4758 呼び名は不明ですが、$50


それは、ケースや文字版の作りによる為です。

一般的な物とは異なり、ムーブメントは前側から取り付けられます。

カバープレートは、木製でブラックペイント。

ムーブメントケースも木製で、旋盤により複雑なボーリング加工が施されています。

さすがに、レプリカは作れそうもないです。

オール木製、高いのが当たり前ですね。

打刻は、22の上から4758
初期の #2214等と同じムーブメント・ケースが使用された事がわかります。

クリーニングや注油を行った後、50hz用モーター交換です。

狂いもなく正確に動作するのは分かっていますが、最低24時間は動作確認いたします。
インデックスはアラビア数字ではなく、ローマ数字がとてもシンプルでモダンです。

電源コードが、クォーツではない本物の証しだったりもしますが、。
あえて、壁配線をお勧め致しました。


針の加工もなく、本体をキズ付ける事のない交換修理となります。
いつでもオリジナルに戻す事が出来ますので、
60Hz用オリジナルモーターは大切に保管下さい。


本物を大切にされるコレクターの方は、がっかりされる方もいるかと思いますが、
今回で、50hz用モーター交換修理の受付を終了させて頂きますのでご了承下さい。


クォーツに交換された方も、リプロとは異なる希少なオリジナルかと思いますので、。