Tuesday, 23 August 2016

SYNCHRONO / インテリアショップの方からモーター交換の依頼です。

時計を購入されたのは、新店をオープンされるパン屋さんのオーナーとの事です。
当初は、電池式のクォーツムーブメントに換える予定っだそうですが、。


そして、ご依頼の時計は電気式ビンテージの両面時計です。
高い位置に取り付ける為、電池交換の際も本体から時計を外し大変な作業となり。
毎回、取り付け工事を依頼しなければなりません。

そして、ブログを見ていたショップの方からご連絡を頂きご依頼となります。

まずは、モーターやムーブメント、配線や内部の構造を確認いたします。
少し複雑な構造で、スターターなどに使用されるアーマチュア・コイルが設置されています。
*始動時に充分なトルクを発生させ正確にスタートする為の装置です。
機械式ムーブメントもそれに対応した構造です。
 配線を確認した上で、
不要なパーツを取り除きました。
では、オリジナルSYNCHRONOモーターを取り付けてみます。
 大型の時計ですので、モーターのトルクを考え垂直にて3針の動作確認となります。
さすが、日本製のモーターです!
トルクにも、問題が無く正確に時を刻んでおります。
今回は確認の為に、試作モーターより仮設置となります。

追加にて10台分を準備しております。
新店舗オープンまでにはご用意致しますのでご安心下さい。

今回の様に、ハワード・ミラー以外でも稀に交換可能な場合があります。
アメリカ製の電気式時計は、メーカーによりモーターが異なりますのでお問い合わせ下さい。


Monday, 22 August 2016

FLANDERS #0 Handlebar for 1/2-Right Indian

コレクションよりバイクパーツの販売です。

インデアンのカスタム用にと、12年前にアメリカから購入した物です。
 1940~50年代のフランダースバーです。
 歪みやへこみも無く完璧な状態かと思います。
 フランダース・ハンドルバー#0(1インチ)インデアン用となります。
 インナー配線の出口は右側のみです。
 同様に、純正のスパイラルは右側のみとなります。
 バーエンドやネジ山もとても綺麗な状態で、加工無しで取り付けが可能かと思います。
 一般的なクロームメッキされたハンドルとは異なり、メッキを剥がした物では御座いません。
へリングスとは使用している鉄の硬度が異なる為、錆が浮いている感じではなく薄く定着した極特な雰囲気です。
 #0 / 1/2-Right Indian と言うハンドルです。(右側はオリジナルで、左側を英国スタイルのスロットルなどに変更できる仕様です。
右アクセルにてマグネトー点火による自動進角の場合などのレーサー仕様に最適なバーとなります。

"FLANDERS #0 Handlebar for 1/2-Right Indian "

Price: ¥150,000-(税込)

興味の有る方は、お問い合わせ下さい。
とてもレアなハンドルバーとなります!

Sunday, 21 August 2016

ミニーマウス。

私にとってもやはり、ウォルト・ディズ二ーはとても大きな存在です。

20年くらい前にパリの蚤の市で購入した、ミニーです。
 イギリス製の操り人形です。
独特な表情が気に入って、大切にしていた物です。


娘には、何でも買ってあげたいのですが、。



私に似て、欲張りです、。

Saturday, 20 August 2016

FLANDERS #18 Handlebar & T4-RM Rubber Mount Riser

コレクションよりバイクパーツの販売です。

トライアンフを購入した時用にと、12年前にアメリカから購入した物です。


1950年代、フランダース社製のハンドルバーとライザーのセットです。
ご存じの方もいると思いますが、#18はトライアンフ用として一番バランスが良い為に入手困難なハンドルバーとなります。
 フランダースのラベルも健在です。
角度による歪みなどご覧下さい。
 真上から、
 極端な歪みなどは御座いません。
 1950年代のフランダース#18ハンドルバー(1インチ)です。
 同様に50年代のフランダースT4-RM U字ライザー(1インチ/ナセル用)とセットです。
*表側からは目立ちませんが、ライザーの左側クランプ下に溶接補修があります。
 15/16スロットホルダーとスイッチが付属致します。
 ハンドル右前側に擦れたキズが有りますが、凹んでいる感じでは御座いません。
オリジナル、フランダースの貴重なラベルです。

"FLANDERS #18 + T4-RM フランダース バー& U字ライザー 1インチ"

トライアンフ用のハンドルバー(#18)とライザー(T4-RM)のセットになります。
*スロットルホルダーとスイッチが付属いたします。

キズや補修後は御座いますが極端なメッキ剥がれや歪みもなく、程よくやれている感じでとても雰囲気があります。
貴重なラベルも6~7割程残っていますので、フランダース・ハンドルバーとして満足して頂けると思います。


Price: ¥180,000-(税込)

興味の有る方は、お問い合わせ下さい。
とてもレアなハンドルバーとなります!

Monday, 15 August 2016

初回3個の試作にて、動作確認が完了致しました。

趣味では有りましたが、長年の願望です!
 試作は3個ですが、私物用に13台のモーターとギアを製作依頼する予定です。
せっかくなので、"SYNCHRONO"モーターと名付けてラベルを作製致しました。
モーター以外は、全て当時のオリジナルです。
電源からの配線コードとなりますが、
エレクトリック・モーターの証拠となります。(配線が見えない時下付けの仕様も有りますが、)

当時の資料や写真を見ても一般的で、私の場合はコードが無い物はレプリカに見えてしまいます。
私と同様に、オリジナルを大切に思う方にモーター交換加工を予定しております。

ビンテージクロックを扱う専門店からもお問い合わせ頂いておりますが、個人でもお問い合わせ下さい。


交流電源では、電池と違って電気代が高いと思うのですが?
とお問い合わせが有りましたので、参考までにご説明致します。

消費電力(電気代)は電力会社との契約と使用料によって異なります。
私の場合は東京電力との契約で1kWの単価が21円です。

一カ月の消費電力は、1.5W x 24時間 x 30日= 1080W (1.08kW) となり、
一カ月の電気代は、1.08kW x 21円 = 22.68円です。

一年の消費電力は、1.5W x 24時間 x 365日= 13,140W (13.14kW) となり、
一年の電気代は、13.14kW x 21円 = 275.94円です。

1年で約300円、10年で約3,000円とお考え下さい。
と言っても、単三電池のクォーツムーブメントに換えれば一年で100円以下でとても経済的です。


私の場合は、家用に4台使用しますので一年間の電気代が約1,100円となります。
(8/16 追加掲載致しました。)

Thursday, 11 August 2016

試作のモーターギアが完成致しました!

初めての試みですが、いつもの様に拘って、調べまくりです。

ピ二オンギア(モーター軸に直接着く小口径の歯車)の設計からの試作となります。
そのデーターより、CADに重要な数値をプログラムしてワイヤーカッターでの製作となります。

水中でカットしていきますので、見えませんが。

スペイサーも同様となります。
そして、試作のギアとスペイサーが完成致しました。
オリジナルの上に重ねても完璧です。

 ギアは、特殊工具にて圧入たします。
ビンテージのムーブメントに取り付けます。
 
動作も問題ない様です。


3針(秒針、分針、時針)ともオリジナルのままで、50hz地域に対応となります。

オリジナルの機械式ムーブメントもまったく加工しておりませんので、再度オリジナルに付いていた60hz用モーターに戻す事も可能となります。
貴重なオリジナルの時計は、その事でその価値を維持する事が出来ます。


私と同様に、使えずにコレクションやインテリとして飾っていた方には朗報となります!

もう少し早く実現できていればと、、、。


また、60hz地域でヴィンテージのまま使用している場合でもモーターの寿命が有ります。

60hz用のモーターのご用意出来ますので、当時のオリジナルモーターが壊れた場合にも対応できるとか思いますのでお問い合わせ下さい。

歴史的にも貴重な時計となりますので、絶対に電池式のクォーツムーブメントには換えないで頂ければと考えております。


それ風のデザインだけの安易なレプリカや偽物ではない、本来のリプロダクトに興味が有る方は、こちらをご覧下さい。